ズイタウンでサイクリング

そろそろ3番道路でサイクリングにした方がいいだろうか…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デザイン以外無駄が無い奴。

何とか間に合った週刊格闘ポケモン考察です。

伝説の格闘ポケモン考察第二弾の今日は、テラキオンがテーマです。
読みたい人は続きをどうぞ。




テラキオン
タイプ:岩 / 格闘
特性:正義の心

種族値
  名前   H  A  B  C  D  S  計
テラキオン 91 129 90 72 90 108 580



先週書いたコバルオンに続く、三剣の二匹目。
コバルオンやビリジオンと同じく、格闘ポケモンなのにも関わらず、四足歩行。
大分違和感があります…

人によって好き嫌いの分かれそうな姿をしています。
私は…ちょっとなぁ…
実力的にはかなりの物を持ってるのだけど…



【タイプ】
シリーズ初の岩との複合タイプ。

弱点:格闘、地面、鋼、水、草、エスパー
抵抗:ノーマル、毒、岩、虫、炎、悪

弱点、抵抗共に6つ。
有利な相手には凄く強いけど、不利な相手には凄く弱い、両極端なタイプです。
ただ、格闘、地面、水、メジャーなタイプが弱点なのが大きなマイナスですね。
草結びも最大威力で飛んでくるし、防御面では結構厳しいと思います。

しかし、岩/格闘の真価は攻撃面にあります。
タイプ一致だけで戦える範囲が広い、非常に攻性に優れた組み合わせです。
多くの格闘ポケモンが、サブウェポンとしてストーンエッジを使っている事からも分かると思います。
その格闘技+ストーンエッジを、タイプ一致で撃てるのだから弱い訳がありませんね。



【特性】
新特性の正義の心は、悪タイプの技を受けた場合、攻撃が一段階上昇するという効果。
連続HITする悪タイプの技…袋叩きなんかは、HIT数分上昇します。
また、貰い火や電気エンジンなんかと違い、ダメージを無効化する訳じゃないので注意して下さい。

格闘タイプであるテラキオンに対して悪技を使う相手は、まず居ません。
発動させようとするなら、悪技読みで交代させるしかないでしょう。
元の攻撃が高いので、一度でも発動させてしまえばこっちのモノですね。



【種族値】
カイリキー並みの攻撃と、ゴウカザルと並ぶ素早さを兼ね備えた、恐ろしいアタッカーです。
しかも耐久も低い訳じゃないというのが酷い。
あまりに無駄が無い、優秀な種族値と言わざるを得ません。

同タイプのポケモンは居ないので、カイリキーとゴウカザルを引き合いに出してみましょう。

種族値
  名前   H  A  B  C  D  S  計
テラキオン 91 129 90 72 90 108 580
カイリキー 90 130 80 65 85 55 505
ゴウカザル 76 104 71 104 71 108 534


種族値だけで比べると、テラキオンが圧倒的です。
カイリキーは特性と技と弱点の少なさで…ゴウカザルは両刀が可能な特攻と技で、それぞれ特徴を出せるので、完全上位っていう話にはなりませんが。
流石に、伝説のポケモンであるといったところでしょうか。

他の三剣と比べてみます。

種族値
  名前   H  A  B  C  D  S  計
テラキオン 91 129 90 72 90 108 580
コバルオン 91 90 129 90 72 108 580
ビリジオン 91 90 72 90 129 108 580


三匹の中では、最もアタッカー向けの種族値を持っていますが、当然、耐久では他の二匹に敵いません。
耐久型にするには弱点も多いので、素直にアタッカーに育てるのが良いでしょうね。



【技】
コバルオンと同じく、技は少なめです。
特にサブウェポンになる技が少ないですね。
ただ、メインウェポンだけでかなり広い範囲の相手に対応可能なので、それほど困らないとは思います。

メインになりそうなタイプ一致の技は以下。

【格闘タイプ】聖なる剣、インファイト
【岩タイプ】ストーンエッジ、岩雪崩

先週のコバルオン考察でも全く同じ事を書きましたが…
三剣専用技の聖なる剣は、相手の能力変化を無視して攻撃する技です。
威力の20高い、格闘版なし崩し
相手が積み技でいくら防御や回避率を上げていようと、いつもと変わらない威力、命中率で攻撃することが出来ます。
欠点は、相手の防御が下がった状態でも、それを無視してダメージを与えてしまう事。
それと、無視出来るのは相手の能力変化のみなので、自分の能力変化は影響を受けます。
相手の影分身の影響は受けませんが、砂かけの影響は受けてしまうという事です。

そんな優秀な準専用技を持ったテラキオンですが、この種族値なら素直にインファイトを使った方が良い場合が多いと思います。


さて、格闘技と岩技、両方を半減以下に出来るポケモンは、

毒/地面(ニド夫妻)
ゴースト/地面(ゴルーグ)
エスパー/地面(ネンドール)
毒/格闘(ドクロッグ)
エスパー/格闘(エルレイド、チャーレム)

以上7種。
これ以外の相手には、等倍以上で戦えます。
サブウェポンは、これらのポケモンにも対応出来る物が望ましかったりするのですが…

【格闘】二度蹴り
【地面】地震
【飛行】燕返し
【虫】シザークロス
【毒】毒突き

【先制技】電光石火


残念な事に、微妙な感じです…
特に、ゴルーグの弱点を突ける技がありませんね。
ネンドール相手でも、シザークロスは威力が微妙で、結局倒すのに必要な攻撃回数は変わらなかったりします。
メインウェポンだけで多くの相手と渡り合えるので、サブウェポンはそんなに重要じゃないのかな…


次に、補助技の類。

【防御系】神秘の護り、リフレクター
【天候系】砂嵐
【積み技関連】剣の舞、奮い立てる、瞑想、ロックカット、自己暗示
【行動阻害系】挑発


他に、ダブルバトル用に、手助けファストガードを覚えます。

コバルオンと同じく、積み技が充実しているのが目を引きます。
しかし、コバルオン、テラキオン、ビリジオンは、他の全ての格闘ポケモンが覚えられるビルドアップを覚える事は出来ません。
積み技使いたいなら、剣の舞で頑張れって事ですね。
実際、テラキオンの攻撃力で剣の舞は驚異です。
弱点が多いので、使い所を間違えないようにするのが大切ですね。
欲を言えば、爪研ぎを覚えて欲しかったなぁ…なんて思います。
ストーンエッジの命中を安定させられるのは悪くない効果な気がする。



【育成】

という事で、テラキオンを育てるなら…

【性格】陽気
【努力値】攻撃252、素早252、他適当
【持ち物】威力上昇系、襷、(技によっては)こだわりスカーフ、ハチマキ等
【技】
 インファイト
 ストーンエッジ
 [電光石火、地震、シザークロス、挑発、身代わり、剣の舞] から二つ

まずは普通のテラキオンです。
インファイトとストーンエッジの組み合わせが素晴らしすぎて、これだけで十分じゃない?とか思っちゃいますね。

性格は素直に陽気にしちゃうのが良いと思います。
意地っ張りにするメリットは勿論あるけど、デメリットの方が大きい。
意地っ張り最速のテラキオンだと、先手を取れるのは最速93(ケンホロウ)まで。
ヒヒダルマ、サザンドラを初めとする、やばいポケモン達に遅れを取るようになってしまいます。
耐久は低くないけど、弱点の多さもあり、決して打たれ強い訳ではないので気をつけましょう。

それと、正なるの剣を候補にしていないのは、他の二匹ならともかく、テラキオンには不要だと考えるからです。
テラキオンの強みである、130に迫る攻撃を活かす為に、少しでも威力の高い技を使うべきだし、サブウェポンの選択肢が少ないとは言え、流石にインファイトと聖なる剣を両立させるほど技に困ってる訳ではありません。

まぁそんな感じで、私なら剣の舞と電光石火でしょうか。
テラキオンは弱点が多いのと同時に、抵抗も多いので、相手の交代を読むのは比較的簡単です。
そう言った隙に剣の舞を使えれば理想ですね。

それと、スカーフを使う場合、素早さは調整っていうことになります。
素早さに努力値を200振れば、最速130を抜けるようになるので、その辺りを目安に努力値を調節しましょう。
(勿論、その場合、身代わりとか剣の舞は候補から外れます)



無理矢理もう一個考えてみます。

【性格】意地っ張り
【努力値】攻撃252、素早調整、残り耐久
【持ち物】威力上昇系(こだわり不可)、オボンの実、襷等
【技】
 インファイト
 ストーンエッジ
 ロックカット
 [電光石火、地震、シザークロス、挑発、身代わり] のどれか

大分苦しいロックカット型。
陽気最速で剣の舞を使う事に比べると、デメリットが多い気がするんですが、他に型が思い浮かばなかったんです、ごめんなさい。
一応、テラキオンを見ただけで逃げ出す相手は多いはずなので、交代の隙を突いてロックカット出来れば理想です。

ロックカットを使った場合、努力値が0でも全てのポケモンに対して先手を取る事が出来る素早さになります。
個体値0だったとしても、先手を取られる相手はデオキシス(スピード)とテッカニンだけです。
ある意味、厳選が面倒な人向けと言えるかもしれません。

問題は、ロックカットを使わない状態で、どこまで抜くかっていう所だと思います。
一応、個体値31なら、努力値無振りでも最速バンギラスまで抜く事が出来ます。
↑にも書きましたが、最速でも最速93(ケンホロウ)までしか抜けないので、いっそのこと素早さは6だけ振って、残りを耐久に振っちゃったほうが良いのかもね。
耐久無振りテラキオンがそれなりにメジャーなので、「テラキオンならこれで倒せる」とか思いながらサブウェポンを撃ってくる相手が居たらラッキーですよね。




という感じです。
テラキオンは技が少ないだけじゃなく、メインウェポン適当に撃ってるだけで単純に強いので、バリエーションを考えるのが難しいですね。

さて、だらだらと続けてきた週刊格闘ポケモン考察ですが、次回はいよいよ(一応の)最終回となります。
間に合うかなぁ…
  1. 2011/04/24(日) 23:17:58|
  2. 格闘ポケモン考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<申し訳ございません。 | ホーム | コバルトブルーの風の中。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ranbapkmn.blog85.fc2.com/tb.php/307-0bc84503
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

嵐羽

Author:嵐羽
HNは「らんば」と読みます。
宛字です。

好きなポケモンを好きに育てる生き方。
特に格闘ポケモンを好みます。
目指すは、全タイプのジムリーダー。
がちがちのランダムバトルより、ローカルルールを作って仲間内でやる対戦をメインに遊んでいます。

フレンドコード(BW):5242-7372-1222
メール:ranbapkmn☆live.jp (☆を@に)
twitter:@ranba_tw

カレンダー

最新記事

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。